Home > Tools&Systems > LMS(Blackbord Learn R9)

2012.10.29

LMS(Blackboard Learn R9)に関する情報

帝京大学LMSサポートサイト(各種申請,マニュアル,FAQなど,実際のご利用に関する情報はこちらへ)

■その他の情報

 Blackboard Learn R9は米国Blackboard社(ワシントン,米国)が開発・販売しているコース管理システム(CMS)で,WebCT(Blackboard LS CE8)とBlackboard Learn 8の統合製品です.したがって,WebCT(Blackboard Learning System CE Enterprise)の後継にあたります.帝京大学ではこれをLMS(えるえむえす)と呼んでいます.

 WebCTと同等の機能を利用できる上,一般のWebサービスとの連携機能の追加や,ブラウザでの操作性の向上など,Webシステムとして格段に進化していて,活用の可能性がより広がります. Blackboard Learn R9 の日本語版はSCSKなどによって販売,サポートされています.

Blackboard Learn R9を利用すると,以下のようなことができます.

帝京大学理工学部では2002年度に WebCT Standard Edition 日本語版を導入し,2003年度にCampus Editionにアップグレードしました.2006年度に,Campus Edition 6(現在のBlackboard Learning System CE Enterprise)を帝京大学の全キャンパスで利用可能な環境を整えました.さらに2011年度にLMS(Blackborad Leran R9)への移行を行い,2012年度からはLMSの本格運用を行います. LMS を活用することで,インターネット時代の授業改善やこれまでにないタイプの授業の実践など,教育の可能性が広がります.