更新日:2017-09-14 (木) 10:03:40

LMS FAQ


 

全般

LMSにログオンするためのパスワードを忘れてしまいました.

キャンパスごとに窓口が異なります. パスワードを忘れてしまった場合には以下にお問い合わせください

キャンパス窓口
板橋キャンパス医学部事務部教務課(医学部)
医療技術学部 事務部教務課(医療技術学部)
薬学部事務部教務課(薬学部)
附属病院e-Learning医療システム部ヘルプデスク
八王子キャンパス情報処理センター
宇都宮キャンパス・通信教育課程宇都宮キャンパス教務チーム
福岡キャンパス福岡キャンパス事務部総務課
上記以外のキャンパスラーニングテクノロジー開発室
(2016/04/22, 9.1.201410.160373)

LMSのパスワード変更方法がわかりません

パスワード変更方法はキャンパスで異なります.以下のそれぞれの手順でパスワード変更が可能です.
以下の方法でパスワードを変更できない場合は,「LMSにログオンするためのパスワードを忘れてしまいました」の窓口にお問い合わせください.

キャンパス パスワード変更ページ手順
板橋キャンパス医学部 LMSのパスワード変更ページ file変更手順
医療技術学部
薬学部
附属病院e-Learning
八王子キャンパス
(ポータル以外からの利用)
宇都宮キャンパス・通信教育課程 宇都宮ポータルサイト file変更手順
福岡キャンパス LMSのパスワード変更ページ file変更手順
上記以外のキャンパス
(2016/06/01, 9.1.201410.160373)

LMSって,どんな意味ですか?

LMSは Learning Management System (学習管理システム)の略で,eラーニングによる授業支援システムを表す一般的な名称です.特に大学に特化したLMSをCMS(Course Management System)と呼ぶこともあります.

帝京大学のLMSは,Blackboard Learn R9という製品です.

(2011/08/24, 9.1.60230.0)

Eメールの本文が文字化けします.

本文内の文字「〜」が文字化けする不具合が確認されています.不具合解消予定ですので,しばらくお待ちください.

(2012/03/29, 9.1.60230.0)

通知ダッシュボードの「新機能」にコンテンツの新着を表示しないようにできますか?

通知の設定を変更すれば,コンテンツの新着を通知しない設定が可能です.以下の場所から設定できます.

  1. LMSにログインし,「教育期間」タブの「通知ダッシュボード」を開く
  2. 「新機能」 のモジュールの「通知設定の編集」ボタンをクリック
  3. 「コースの個別編集」から該当のコースをクリック
  4. 設定の中の「コンテンツ項目利用可能」のチェックをはずす(上から5番目くらいの項目です)

複数のコースに対して一括で設定をしたい場合は,上記の手順3の時に「通知設定の一括編集」の項目の「指導しているコース」または「受講しているコース」をクリックして設定を行います.その後,変更したいコースを選択し,4の手順を行っていただければ設定できます.

(2012/04/18, 9.1.60230.0)

通知ダッシュボードの「新機能」に特定のコースの新着を表示しないようにできますか?

通知の設定を変更すれば,特定のコースの新着を通知しないようにすることが可能です.以下の手順で設定できます.

  1. LMSにログインし,「教育期間」タブの「通知ダッシュボード」を開く
  2. 「新機能」 のモジュールの「通知設定の編集」ボタンをクリック
  3. 「コースの個別編集」から該当のコースをクリック
  4. 設定の「ダッシュボード」の列のチェックを外す  (オン/オフ のチェックを外しても通知を停止することができませんので中止してください)
  5. 通知したくない項目の「ダッシュボード」の列のチェックが外れていることが確認できたら,「送信」をクリック

複数のコースに対して一括で設定をしたい場合は,上記の手順3の時に「通知設定の一括編集」の項目の「指導しているコース」または「受講しているコース」をクリックして設定を行います.その後,変更したいコースを選択し,4の手順を行っていただければ設定できます.

(2012/04/18, 9.1.60230.0)

スマートフォンやタブレット端末から利用できますか?

はい,利用できます.

iPhone, iPod Touch, iPad, Android端末であれば,Blackboard Mobile Learnというアプリをインストールすることで,各機器に適したインターフェースで利用できます.インストール方法と利用方法については,こちらのマニュアルを参照してください.

あるいは,スマートフォンやタブレット端末のWebブラウザからLMSへアクセスすれば利用できます.

(2012/05/31, 9.1.60230.0)

コミュニティとは何ですか?

LMSにおけるコミュニティとは,授業以外のための情報を共有したり,管理したりするための機能です.授業のためにコースを作成して利用しますが,コースで提供される機能全てがそのまま使えます.たとえば,学部・学科,研究グループや学生サークル内でのメンバに限定した情報共有などに活用できます.

コミュニティを新たに作成するためには,申請が必要です.申請方法は,こちらを参照してください.

利用可能なコミュニティがある場合,コミュニティタブ,もしくはホームタブ内の「組織・グループ」モジュールに表示されています.コースと同様にコミュニティ名をクリックすることで,内容にアクセスできます.

(2012/06/01, 9.1.60230.0)

LMSのメッセージ機能で受信したメッセージを,Eメールアドレスに転送することはできますか?

LMSでは,受信したメッセージをEメールアドレスへ転送することはできません. LMSのメッセージ機能を使ったメッセージの送受信は,コースにログインして使用してください.

(2012/06/01, 9.1.60230.0)

掲示板に新しく投稿された情報や,新たに届いたメッセージがないか,一度に確認することはできますか?

新着情報ツールを使うことで,確認できます.使い方は,こちらのマニュアルを参照してください.

(2012/08/31, 9.1.60230.0)

新着情報はどこを見ればよいですか?

教員ユーザのための新着情報は,次のように新着情報ツールと新機能モジュールで確認できます.

新着 新着情報ツール  新機能モジュール  要注意モジュール 
採点が必要なテスト×
採点が必要な課題×
メッセージ    ××
掲示板への投稿×
ブログへの投稿××
日誌への投稿××

○:確認可能,×:確認できません,△:コースによっては確認できない不具合があり,原因調査中

学生ユーザのための新着情報は,次のように新着情報ツールと新機能モジュールで確認できます.

新着 新着情報ツール  新機能モジュール  要注意モジュール 
メッセージ    ××
掲示板への投稿×
ブログへの投稿××
日誌への投稿××

○:確認可能,×:確認できません,△:コースによっては確認できない不具合があり,原因調査中

新着情報ツールの使い方は,こちらのマニュアルを参照してください.

(2012/09/06, 9.1.60230.0)

「送信」ボタンをクリックしても反応がありません

課題の提出時やテストの作成時などに,テキストエディタが「オフ」の状態になっていると「送信(保存)」ができないという不具合が発生しています(2013/04/22現在).この現象は以下の操作時に発生することが確認されています.

  • 課題の提出時の「送信」
  • テスト問題の回答時の「送信」
  • テスト質問の作成時の「送信」
  • 成績管理での[合計]列の作成

この現象が発生した時には,テキストエディタを「オン」に切り替えると「送信(保存)」ができます.以下の手順でテキストエディタを「オン」に切り替えてお試しください.
※テキストエディタの切り替えを行うと,それまで入力していた内容が消去されますのでご注意ください

  • テキストエディタの切替方法
    1. 課題提出画面を開く
    2. テキストエディタの「オフ」と表示されている部分をクリックする
      textedita-off.png
    3. テキストエディタが「オン」に切り替わるので,提出できるか確認する
      textedita.png
(2013/04/17, 9.1.82223.0)

ログイン後の名前の横に表示される数字は何ですか?

LMSにログイン後の右上の表示される名前の横の数字は,コースの更新などの新着の数字を表しています.

コース数や新着の数が多いと,表示されるまでに非常に時間がかかる可能性があります.コースの新着については,「新着情報」ツールからも確認することができますので,新着の確認についてはこちらをご覧ください.

(2013/10/12, 9.1.120113.0)

教員

学生にHTML教材の画像が表示されません

 画像ファイルに学生のアクセス権がついていない可能性があります.以下の方法でファイルのアクセス権を確認し,アクセス権がついていない場合は設定を行ってください.

  1. 対象のコースに入る
  2. コントロールパネルの「ファイル」を開き,「U_2011_XXXX_XXXX」などの英字をクリックする
  3. 対象の画像ファイルが置いてあるところまで,フォルダを開いて移動する
  4. 画像ファイルの横にある「項目オプション.png」のアイコンをクリックする
  5. 「アクセス権」をクリックし,「コースユーザリストの追加」をクリックする
  6. 「受講者」にチェックを入れ,アクセス権の設定で「読み取り」にチェックが入っていることを確認し,「送信」をクリックする
(2011/09/22, 9.1.60230.0)

成績センタの「課題」や「テスト」をクリックしても該当するカラムが表示されません

 成績センタの「課題」や「テスト」のメニューをクリックして,特定のカラムを表示するには,各コースで以下の設定を行う必要があります.

  1. コースに入り,「成績センタ」から「成績センタ全体」を開く
  2. 「管理」を開き,「スマートビュー」を開く
  3. 設定したい項目の横にある「項目オプション.png」のアイコンをクリックし,「編集」を開く
  4. 「基準の選択」のカテゴリから表示したいカラムを選び,「送信」をクリックする

 なお,どのカラムがどの項目(カテゴリ)に属しているかは,以下の手順で確認できます.

  1. 「成績センタ」から「成績センタ全体」を開く
  2. 「管理」を開き,「列の編成」を開く
  3. カラムの「カテゴリ」の列に設定されている内容を確認する
(2011/10/03, 9.1.60230.0)

テストの質問に画像を貼り付ける方法がわかりません

以下の方法で,設定を行うと問題文を入力するエリアのすぐ下に,ファイルを添付するメニューが出るようになります.この機能を使えばテストに画像を貼り付けることができます.

  1. 質問が置いてあるテストを「テストの編集」で開く
    • 質問がプールにおいてある場合はプールを開く
  2. 画面右上にある「質問の設定」ボタンをクリックする
  3. 「イメージ、ファイル、および外部リンク」のメニューで以下にチェックを入れる
    • イメージ、ファイル、および外部リンクを質問に追加する
    • イメージ、ファイル、および外部リンクを解答に追加する。
  4. 「送信」をクリック
  5. 質問を編集で開き,ファイルを添付するメニューから添付したい画像を指定する
(2011/10/21, 9.1.60230.0)

テストのページ内に直接画像を表示する方法がわかりません.

テストへ添付した画像の表示方法には以下の2種類があります.これらはテストへ画像を添付するときに指定をします.(a)を選ぶとテスト内に画像へのリンクが作成されます.(b)を選ぶとテストページ内に画像を表示することができます.

  • (a) このメディアファイルへのリンクを作成する
  • (b) ページ内にイメージを表示する

テストのページ内に画像を直接表示するには,(b)を指定する必要があります.デフォルトの設定は(a)が選ばれた状態になっていますので,画像添付時に(b)に変更し直す必要があります.これらの設定は,ファイル添付項目のすぐ下にある「アクション」から行います.

一度添付した図の表示方法をあとから変更することはできませんので,表示方法を変更したい時には,添付されている画像を一度削除し,もう一度添付し直す必要があります.

test_gazo_temp.png

(2012/04/19, 9.1.60230.0)

複数回受験可能なテストで,成績センタに使用する得点を変更する方法がわかりません

複数回受験可能なテストの場合,成績センタにどの回の点数を使用するかは先生自身で設定をすることができます.学生の受験後でも設定を変更することはできます.成績に使用できる得点は以下の得点です.

  • 前回の結果の成績 (デフォルト)
  • 最高の成績
  • 最低の成績
  • 最初の結果の成績
  • 試行成績平均

成績センタに使用する得点は,以下から変更できます.

  1. コースに入り,成績センタを開く
  2. 設定を変更したいテストのカラム名の横にある項目オプション.pngのアイコンをクリックする
  3. 列情報の編集をクリックする
  4. 「使用する得点」を設定し,「送信」をクリックする
(2012/06/19, 9.1.60230.0)

アンケート結果はどのようにして見るのですか

成績センタのカラム名の「項目オプション.png」のアイコンをクリックし,表示されたメニューの「試行の統計」をクリックすると,アンケートの結果のサーマリが表示されます.

(2011/11/25, 9.1.60230.0)

成績センタに成績をアップロードできません

成績のアップロードは,成績センタの「オフラインで作業」→「アップロード」でアップロードするファイルを選択し,「送信」をクリックします.

以下の点に注意する必要があります.

  • ユーザIDの項目のタイトルは ユーザー名 とすること
  • 既存のカラムには |カラムID をつけること
    • カラムIDは,成績センタのカラム名の「項目オプション.png」のアイコンをクリックし,表示されたメニューの「簡易情報」をクリックして,調べることができます.
  • UTF-16 で保存すること
(2011/11/25, 9.1.60230.0)

PDFの表示エリアが小さくて内容が読みにくいです

この現象はLMSシステムの不具合で,ブラウザにFirefoxを使用している時に発生することが確認されています.応急的な方法になりますが,Internet Explorerでは正常に表示されますので,そちらを使用してご覧ください.

なお,この不具合は今後のバージョンアップで改善される予定です.

(2011/11/17, 9.1.60230.0)

複数穴埋め問題で解答に「"」や「'」がある問題が正解になりません.

LMSの不具合です.申し訳ございませんが現時点での解決策はありません.

「穴埋め問題」形式ではこの現象が発生しないことが確認されていますので,単一解答の問題であればそちらをご利用ください.

(2012/04/06, 9.1.60230.0)

コースに学生を登録するにはどうしたらいいですか.

コースへの一括学生登録についてはこちらをご覧下さい.
先生自身でコースに学生を登録するには以下の手順で行えます.

  1. LMSに教員権限でログインし,該当のコースを開く
  2. メニューのコントロールパネル から「ユーザーとグループ」をクリックし,さらに「ユーザー」をクリック
  3. 開いた画面で「ユーザーを検索して登録」をクリック
  4. ユーザー名の欄に登録したいユーザを以下のどちらかの方法で入力する
    1. ユーザー名にユーザーIDを直接入力(複数登録する場合は「,」(カンマ)で区切る)
    2. 参照ボタンをクリックし,ユーザを検索して指定する
  5. 担当に「受講者」を選び,「送信」ボタンをクリック
    (2012/04/06, 9.1.60230.0)

コースで一番最初に表示するページを変更するにはどうしたらいいですか

以下の手順でコースにアクセスした時に一番初めに表示するページを変更することができます.

  1. 変更したいコースにアクセス
  2. コントロールパネルの「カスタマイズ」→「スタイル」をクリック
  3. 「コースエントリポイントの選択」欄の「エントリポイント」に最初に表示させたいページに設定
  4. 「送信」ボタンをクリック
    (2012/04/06, 9.1.60230.0)

コースに登録されていない学生や教職員にコースの内容を見せるにはどうしたらいいですか.

コースへのゲストアクセスを許可するように設定をすれば,コースに登録されていない学生や教職員にもコースの内容を見せることができます.

設定方法などの詳細は「ゲストアクセスの設定方法」をご覧ください.

※ゲストアクセスを許可にするとLMS IDを持っている人なら誰でも見られるコースになりますので,ご注意ください

(2012/06/19, 9.1.60230.0)

成績センタで,1次表示をテキストとした列の文字数制限はありますか.

はい,あります.全角,半角ともに32文字まで入力できます.なお,この制限を変更することはできません.

(2012/07/23, 9.1.60230.0)

成績センタの要採点に表示されるテストや課題を一度に確認することはできますか?

新着情報ツールを使うことで,確認できます.使い方は,こちらのマニュアルを参照してください.

(2012/08/31, 9.1.60230.0)

成績管理の要採点に表示されるアンケートの通知を消す方法はありますか

以下の方法で要採点からアンケートの通知を消すことができます.

  1. 要採点からアンケートの結果を表示します
  2. 「保存して終了」をクリックします(何もコメントを記入しなくてOKです)
  3. 要採点からアンケートの通知が消えます
(2012/09/14, 9.1.82223.0)

掲載したHTMLファイルを開くと「ダウンロードを開始します」というダイアログが表示されます

HTMLファイルを開くときに,

間もなくダウンロードを開始します。
始まらない場合は、[ここ]をクリックします。

というダイアログが表示される場合は,該当のファイルがHTMLファイルとして認識されていない可能性があります.以下の手順で設定を確認し,ファイルのアップロードをしなおしてください.

  1. 教員権限で該当のコースに入る
  2. コントロールパネルの「ファイル」を開き,ローマ字表記部分をクリックする
  3. 該当のファイルが保存してある場所を開く
  4. 該当のファイルの横にある項目オプション.pngをクリックし,「360°表示」をクリックする
  5. プロパティ内のファイルタイプが「text/html」になっているかを確認する
  6. 「text/html」になっていない場合には以下の設定をする
    1. 該当のファイルを手元にダウンロードする
    2. 該当のファイルの項目オプション.pngをクリックし,「ファイルの上書き」をクリックする
    3. 「参照」ボタンをクリックして,ダウンロードしたファイルを指定する
    4. 「送信」をクリックする
    5. もう一度「360°表示」を開き,プロパティ内のファイルタイプが「text/html」になっていることを確認する
(2012/10/16, 9.1.82223.0)

テスト結果をダウンロードした時に,結果がダウンロードされない学生がいます.

複数回受験可能な設定のテストで,複数回提出した学生と1回のみ提出した学生がいる場合に,必要な情報が正しくダウンロードされないという不具合が発生しております.これは,成績列の「使用する得点」の設定が「最高の成績」または「最低の成績」の場合で,テスト結果のみをダウンロードしようとした時に発生します.

上記の設定をしている場合は,「結果のダウンロード」を行う際に,「ダウンロードする結果」を「すべての結果」に設定してダウンロードをして下さい.

  • 「使用する得点」の設定によるダウンロード結果
    「使用する得点」の設定ダウンロード結果
    最後の得点正しくダウンロードされます
    最高の成績×複数回提出している学生の最高の成績管理のみダウンロードされますが,1回しか提出していない学生の成績結果はダウンロードされません
    最低の成績×どの学生の成績結果もダウンロードされません
    最初の成績正しくダウンロードされます
    平均得点すべての学生のすべての成績管理がダウンロードされます

成績管理に何も情報が表示されない時があります

使用するPCの環境によっては,成績管理に学生の情報が表示されない時があります.現在はInternet Explorer10で発生することが確認されています.
一時的な対応ですが,このような現象がおきた時には以下のどちらかの方法で表示することができます.

  • 方法1 FirefoxやGoogle chromeなど別のブラウザを使用する
  • 方法2 成績管理のモードを「スクリーンリーダーモード」に変更する
    • 「スクリーンリーダーモード」への変更手順
      1. 成績管理画面を開く(成績管理の「成績管理全体」など)
      2. 開いたページのタイトル行の「成績管理 : 成績管理全体」の横にある項目オプション.pngをクリックし,「スクリーンリーダーモードをオンにする」をクリックします.

        screenreader.png

        上記の操作にて,成績管理のモードが「スクリーンリーダーモード」に変わります.

        ※スクリーンリーダーモードの注意点
         ・ユーザ数やカラム数が多いコースでは表示に時間がかかることがあります
         ・カラムに直接値を入力することができなくなります

        スクリーンリーダーモードをオフにして元の状態に戻すには,「オン」にする手順と同じく項目オプション.pngから「スクリーンリーダーモードをオフにする」をクリックして下さい.
(2013/04/17, 9.1.82223.0)

成績管理を開くとエラーが出て何も表示されない

成績管理を開いた時に以下のエラーメッセージがでて,成績管理が表示されない時があります.

errorParsingDataMsg
TypeError: this.scoreProvidersMap[spu.handle] is undefined

成績管理の行や列が多い時に発生しているようです.以下のようなエラーが出た時には以下の手順をお試し下さい. このエラーは今後のバージョン(SP14以降)にて改善予定です.

■ 回避策
 1.「成績管理全体」を開く
 2.「管理」から「列の編成」をクリック
 3.「すべての成績管理ビューに表示」の部分に表示されているカラムを並び替える
    ※ 並び替えはカラムの前の十字の矢印をクリックしてドラッグで行います.
    ※ 並び替えるのはどのカラムでも大丈夫です.
 4.「送信」をクリック
 5.2〜3の手順で,もう一度並び替えを行い,最初の並びに戻す
 6.「送信」をクリック

(2013/10/12, 9.1.120113.0)

成績管理に卒業生や退学者の情報が表示される

バージョンアップに伴い,コースに登録されたままになっている卒業生や退学者など,管理側にて利用を停止したIDも,成績管理に表示されるようになりました.

卒業生や退学者は,名前の前に○に斜線の入ったグレーのアイコン(riyofuka.PNG:利用不可アイコン)がついた状態で表示されます.

卒業生や退学者などの利用停止者を成績管理に表示しないようにしたい場合は, 以下のどちらかの方法をご利用下さい.

  • 「スマートビュー」を作成して.卒業生や退学者以外の学生を成績管理に表示する
  • 行の表示/非表示の設定で,特定の学生を成績管理に表示しないようにする

上記2件の設定手順は以下をご覧ください.

■ スマートビューを利用して,卒業生や退学者以外の学生を成績管理に表示する
 1.「成績管理」から「成績管理全体」をクリック
 2.「管理」から「スマートビュー」をクリック
 3. 「スマートビューの作成」をクリック
 4. 以下の設定を行う
   ・ 名前 : (スマートビューの名前を入力)
   ・ お気に入りとして追加にチェック
   ・ 選択条件
     - ビューの種類 : カスタム
     - 基準の選択 :
       -- 基準 : 利用可否
       -- 条件 : 等しい
       -- 利用可能にチェック
 5.「送信」をクリック

作成したスマートビューは「成績管理全体」の下に表示されます. 次回以降はそちらをクリックすると,利用を停止された学生が非表示の状態で,成績管理を表示できます.

■ 行の表示/非表示の設定で,特定の学生を成績管理に表示しないようにする
 1.「成績管理」から「成績管理全体」をクリック
 2.「管理」から「行の表示/非表示」をクリック
 3. 設定を行いたい学生の名前の前にあるチェックボックスにチェック
 4.「行の非表示」アイコンをクリック
 5.「送信」をクリック

上記の設定で,卒業生や退学者などの利用を停止された学生を非表示にして成績管理を見ることができます.

(2013/10/12, 9.1.120113.0)

LMSで数式の入力ができない

LMSのテキストエディタで数式を入力してもエラーになってしまい,入力が できないという不具合が発生しています.

エラー内容
Error connecting to the latex translator service.
  • 2013/11/08 不具合は解消しました.現在は正常にお使いいただけるようになっています
    (2013/10/12, 9.1.120113.0)

成績管理のカラムに「E」を含む文字列が登録できない

成績管理の列に「E」が入るデータが入力できないという現象が発生しています.

これは,「99E999999」というように,数字と「E」で構成された文字列の 入力で発生しています.特に学籍番号などの入力時によく発生しますので, 注意が必要です.

一時的な方法ですが,以下のどれかの方法にてご対応をお願いします.

  • 文字列の「E」を全角文字で入力する
  • 文字の最後にアルファベットなどの文字を入れる
(2013/10/12, 9.1.120113.0)

学生

課題を再提出する方法がわかりません

課題を再提出できるかは,その課題の提出可能回数によって異なります.
1回のみ提出可能な課題でも,先生が許可をした場合にかぎり再度提出をすることができます.

再提出可能な場合の課題の提出方法については,以下のマニュアルを参照して下さい.

(2016/05/12, 9.1.201410.160373)