Home > LT開発

2004.07.28

ラーニングテクノロジー開発

ラーニングテクノロジーとは

 情報化社会において,私たちの活動は情報通信技術(ICT, Information and Communication Technology)に支えられています. インターネット,電子メールなどの情報通信基盤技術は私たちの日常生活における情報活用やコミュニケーションの幅を大きく広げました.

 学習活動においても,ICTを活用した授業や研修が行われており,学習活動の幅を大きく広げつつあります. しかし,日常の活動を支えるICTをそのまま活用するので十分でしょうか? より良い学習活動を行うには,学習活動を支援するのに特化した技術が必要になります. これをラーニングテクノロジーと呼びます.略称としてLTと書きます.エルティーと読んでください.

ラーニングテクノロジーの2面性

 ICTやLTのようなテクノロジーには2つの側面があります.

 1つは「社会を支える基盤技術」としての側面で,授業やゼミなどの教育・学習活動を支える基盤技術としてのLTです. これは情報化社会を支える基盤技術としてのICTに支えられています.

 もう1つは,「個人がより良い活動をするために身に付ける技術」としての側面で,言わば,個人が持つ学習力です. このような学習力は,個人の持つICT能力(情報活用力やコミュニケーション能力)に支えられています.

 ラーニングテクノロジー開発室は,教育・学習活動を支える基盤技術を開発・整備すること,学生の自己学習力を開発することを目指します.

真のeラーニングを目指して

このようなLTの視点に立つと,eラーニングとは何かが見えてきます.

 eラーニングというと,遠隔授業やICTを活用した派手な教材を思い浮かべるかもしれませんが, eラーニングの本質は,きちんと設計されたわかりやすい授業を提供することにあります. また,ICT能力や学習力が十分でない学習者には,そのような力の習得を支援することが重要です.

 LTを開発・活用することでeラーニングの本質を追求し,全ての教員がわかりやすい授業を提供し, 学生が楽しく学べる大学を目指していきたいと考えています.