Home > Activity > LTセミナー > 第147回LTセミナー


2020.03.31


第147回LTセミナー

「インストラクショナルデザインによる授業設計」

 第147回LTセミナーでは,岩手県立大学ソフトウェア情報学部の市川尚准教授をお招きし,「インストラクショナルデザインによる授業設計」についてご講演いただきました.

 講演ではまず,授業の構成方法の枠組みとしてガニェの9教授事象と大学の授業での適用例が紹介されました.次に,授業設計では学習成果(出口)と学習者の現状(入口)を明確にすることが重要であり,その出入口を明確にするための方法が示されました.この後,主体的な学びを促したり学習意欲を高めるために,ID第一原理やARCSモデルといった考え方が紹介されました.最後に,現代は教育へのICTの活用は必須の時代であり,LMSや講義ビデオ等は授業改善のための道具であることが示されました.

 本講演中には,グループ活動が適宜なされました.グループ活動では,参加者3人程度が単位となり,改善したい授業の内容や悩みについてお互いに紹介しあったり,講演で示された授業改善の考え方に沿った授業改善のディスカッションがなされました.

   


開催報告


参加者の人数



日時 教職員 学生 合計
10/3(木) 15:00〜16:30 14(11) 1(0) 15(11)

  ( )内の数字はスタッフを含まない人数です.

セミナーコンテンツ