Home > Activity > 研究会等報告 > 第2回WebCT研究会

2004.09.17

第2回 WebCT研究会 in 淡路島

日本WebCTユーザ会による第2回WebCT研究会 in 淡路島は, 2004年9月13日(月)〜9月15日(水)の3日間,淡路夢舞台国際会議場で開催された.特別講演1件,通常セッション11件,ポスターセッション5件の発表が行われた.内訳は以下通りである.

本学からは渡辺博芳講師が「WebCTを活用したPSIによるプログラミング補講」について,大学院M1鈴木 崇君が「ラーニングテクノロジーを活用した授業の支援システムの構築」について発表を行った.また,佐々木茂講師,及川芳恵技術職員が聴講参加した.

国際的なWebCTユーザのカンファレンス !MPACT 2004の報告において,教員の授業設計や教材コンテンツの作成のサポート体制が重要であることが指摘された.同セッションの2件の講演の中で帝京大学LT開発室の取り組み例が引用されるなど,参加者の間で,帝京大学LT開発室の取り組みが国内では先進的であるとの評価を得た.


もう少し詳細なメモ(学内限定)

報告者:渡辺博芳,及川芳恵