Home > Activity > 研究会等報告 >平成18年度 大学教育・情報戦略大会

2006.09.26

平成18年度 大学教育・情報戦略大会

 私立大学情報教育協会主催による平成18年度大学教育・情報戦略大会(大学情報化全国大会から改組)は,2006年9月5日(火)から9月7日(木)までの3日間,アルカディア市ヶ谷において開催された.

 初日は,大学に求められる教育の質保証についての基調講演が行われ,職員の教育力向上や研修についてや,学内情報のセキュリティ対策についての事例紹介,NHKや新聞社の方から放送番組や新聞記事等の教育利用と著作権についての講演が行われた.2日目は6会場に分かれて104件の大会発表が行われ,LT開発室の渡辺博芳助教授が「コース管理システムを活用した教育の支援と普及」について発表した.3日目には,「教育支援への取り組みと学内体制」についてのセッションの中で,LT開発室長武井惠雄教授が本学における取り組みを紹介した.その他,個人認証の技術動向やICカード・携帯電話を利用した学生サービスの展開についてセッションで事例報告がなされた.
  2,3日目には44社による教育ソフトやシステム,機器類などの企業展示会があった.

 宇都宮キャンパスからは,熊澤弘之教授,古川文人助手,高井久美子技術職員,及川芳恵技術職員が,八王子キャンパスからは,石井巌教授が聴講参加した.


もう少し詳細なメモ(学内限定)

報告者:高井久美子,及川芳恵