Home > Activity > 研究会等報告 > 教育システム情報学会第40回全国大会

2015.09.07

教育システム情報学会第40回全国大会

教育システム情報学会(JSiSE)第40回全国大会が,9/1(火)〜3(木)の日程で徳島大学にて開催された.

本大会では,基調講演,40周年記念シンポジウムのほか,企画セッションにおける発表31件,一般講演が128件,インタラクティブセッション45件,プレカンファレンス4件があった.千葉工業大学の仲林清会長による基調講演「実践と理論の往還」では,実践と理論の両方に等しく価値をおく本学会の姿勢があらためて示された.40周年記念シンポジウムでは,この分野のこれまでを振り返り,これからについて議論がされた.最終日には全国大会に引き続き,知プラe事業シンポジウム共催の公開シンポジウムが開催され,四国の5大学連携によるeラーニングへの取り組みの紹介とディスカッションが行われた.

本学からは渡辺博芳教授,若山昇准教授,水谷晃三講師,高井久美子講師が参加した.インタラクティブセッションにおいて,若山准教授が「学生にクリティカルシンキングを促すための授業実践(2) −ディベートに頼らず,疑問を投げかける効果について−」の研究発表を行った.一般講演においては,高井講師が「反転授業の分類に関する検討」,渡辺教授と共同研究で高萩清松高等学校の志賀教諭が「高等学校普通科・総合学科の選択科目における工程表を用いた学習管理に関する研究」の研究発表を行った.

次回の第41回全国大会は,2016年8月29日(月)〜31日(水)の日程で,本学宇都宮キャンパスで開催される.


報告者:渡辺博芳,高井久美子