Home > Activity > 研究会等報告 > The 24th International Conference on Computers in Education

2016.12.08

The 24th International Conference on Computers in Education

The 24th International Conference on Computers in Education(ICCE)が,11月28日(月)〜12月2日(金)の日程でインドのIndian Institute of Technology,Bombayにおいて開催された.

今回の会議のテーマは Think global act local: contextualizing technology-enhanced education であった.本会議は例年通り「Artificial Intelligence in Education/Intelligent Tutoring System and Adaptive Learning」「Computer-supported Collaborative Learning and Learning Sciences」「Advanced Learning Technologies, Open Educational Content,and Standards」「Classroom, Ubiquitous and Mobile Technologies Enhanced Learning」「Digital Game and Digital Toy Enhanced Learning and Society」「Technology Enhanced Language Learning」「Practice-driven Research, Teacher Professional Development and Policy of ICT in Education」の7つのサブカンファレンスから構成され,教育におけるICT利用を軸とする広範な領域の発表,議論がなされた.

また,各サブカンファレンスのテーマに関連する3件の基調講演と4件の招待講演,3件のパネル討論が設けられるとともに,本会議前のイベントとして5件のチュートリアル,1件のインタラクティブイベント,9件のワークショップ,3組のDoctoral Student Consortiaが開催された.本学からは小島一晃助教が参加し,ワークショップ「The 9th Workshop on Technology Enhanced Learning by Posing/Solving Problems/Questions」において「Basic Framework for Learning by Constructing Cognitive Models Based on Problem-Solving Processes」の研究発表を行った.

講演では,学習用ゲームやCSCL(Computer-Supported Collaborative Learning),MOOC(Massive Online Open Course)などをテーマに,その効果や今後の方向性についての議論が提起された.また,パネル討論において,Computational Thinking(計算者(人・機械)にとって実行可能になるような方法で,問題を定式化して解法を表現する過程に含まれる思考)など,現代社会におけて重要となる思考スキルのICTによる教育についての議論が交わされた.一般発表においても,教育学習支援システムやその実践利用,学習者分析などを中心として,教育におけるICT利用についての情報交換が行われた.


報告者:小島一晃