Home > Activity > 研究会等報告 > 国際シンポジウム2010 学生中心主義教育の実践と課題

2010.02.19

国際シンポジウム2010 学生中心主義教育の実践と課題

放送大学ICT活用・遠隔教育センター(CODE)の主催で国際シンポジウム2010「学生中心主義教育の実践と課題」が 2010年2月18日(木)幕張メッセ国際会議場会議室において開催された.以下の5件の招待講演およびパネルディスカッションが行われ,140名を越える関係者が参加した.

このシンポジウムは,情報コミュニケーション技術(ICT)の普及により,従来の「教師中心主義」の教育方法から,学生の自発性や個性を尊重する「学生中心主義(student-centered teaching and learning)」に基づいた教育方法へと意識変革が迫られていることを背景としている.招待講演では,米国,英国,豪州,韓国,日本の専門家から,学生中心主義を教育実践に実際に取り入れていくにあたっての方法論や課題について示された.パネルディスカッションでは,日本の高等教育現場でどのように学生中心主義教育を実践していったらよいのかについてフロアとともに議論した.

もう少し詳細なメモ(学内限定)

報告者:高井久美子