Home > Activity > 研究会等報告 > 2019年度ICT利用による教育改善研究発表会

2019.08.22

2019年度ICT利用による教育改善研究発表会

 私立大学情報教育協会主催による2019年度ICT利用による教育改善研究発表会が,2019年8月9日(金)に東京理科大学森戸記念館において開催された. 本発表会は,分野ごとに3会場に分かれて45件の発表があり,名簿上では135名の聴講参加があった.

 本学理工学部の森一俊先生による「図学への反転授業の適用とその効果およびアクティブ・ラーニングに向けた提言」では, LMSやビデオライブラリを用いて反転授業を実施している図学での実践報告であり,反転授業を導入前後での成績や学修時間など様々な項目・観点から比較検討し発表された.
 LMS・ビデオ教材の活用や医療系の電子カルテの開発,チーム・グループ学修など他大学の多くの取り組みがあり,ICTを利用した教育改善の取り組みと効果,アクティブ・ラーニングによる教育方法の改善などの発表があった.


報告者:渡部里美