Home > Activity > 研究会等報告 > 情報処理学会第144回コンピュータと教育研究会

2018.03.20

情報処理学会第144回コンピュータと教育研究会

情報処理学会コンピュータと教育研究会第144回研究発表会が,2018年3月17日(土)〜18日(日) に獨協大学(埼玉県草加市)において開催された.研究論文セッション2件,学生セッション14件,一般セッション14件の発表があった.年度末の研究会で発表件数が多く,学生セッションの一部はパラレルセッションとして実施されたが,4件の発表取消があったのは残念であった.

この研究発表会において,帝京大学大学院理工学研究科において2017年10月からの半年間,内地留学を行っていた小山市立小山城北小学校の小島寛義教諭が「小学校におけるプログラミング教育で育てる資質能力を考慮した指導内容の検討」と題した発表を行った.全体としては,新学習指導要領を見据え,プログラミング教育や高等学校における情報教育に関する発表が多く,興味深かった.


報告者:渡辺博芳,高井久美子