Home > Activity > 研究会等報告 > Blackboard Learning & Teaching Conference 2015

2016.06.13

Blackboard Learning & Teaching Conference 2015

アシストマイクロ株式会社,Blackboard Inc.主催による Blackboard Learning & Teaching Conference2015 が,2015年11月14日(土)にベルサール八重洲(東京,八重洲ファーストフィナンシャルビル)で開催された. 今年のテーマは「ディープ・アクティブラーニングとそのアセスメントにテクノロジーの果たす役割を考える」で,基調講演1件,講演2件,主催者講演2件が行われた. 本学から渡辺博芳教授,古川文人講師が参加した.

基調講演では,京都大学の松下佳代先生が「ディープ・アクティブラーニングとそのアセスメント」という講演を行った.内容は松下先生の著書「ディープ・アクティブラーニング」で述べられているものとほぼ同じであったが,アクティブラーニングの学習成果をどのように評価すべきかをあらためて考えさせられた.また,アクティブラーニングにおける深さの軸の設定についてのお話は,アクティブラーニングを考える上でのヒントになるものであった.

岐阜大学の加藤直樹先生からは,Blackboardをツールとして使いながら,岐阜大学で行われてきた教育活動・FD活動に関して講演があった.また,南デンマーク大学の Ms. Inger Marie F. Christensenさんからは,Blackboardのwiki機能,Blog機能,ポートフォリオ機能を活用したDeep Active Learningのお話があった.主催者講演では,Blackoardのクラウド戦略,Moodleroomsの紹介があった.


報告者:渡辺博芳,古川文人