Home > Activity > 研究会等報告 > Ja Sakaiカンファレンス2013

2013.05.07

Ja Sakaiカンファレンス2013

2013年3月13日(水)に京都大学にて,京都大学学術情報メディアセンター,兼松エレクトロニクス,新日鉄住金ソリューションズ,富士ゼロックス主催,大学ICT推進協議会共済によるJa Sakaiカンファレンス2013が開催された.

午前にポートフォリオに関する基調講演と特別講演,午後にオープンソースeラーニングシステムであるSakaiの活用事例について,7件の一般講演があった.基調講演は,ミネソタ大学ダルース校のPaul Treuer先生より「Literacy Skills for ePortfolio Success」 というタイトルで行われた.講演では,近年のインターネットやソーシャルネットの普及などによる学習の文化の変化についてあげられ,卒業後も生涯学び続ける必要があるという話があった.eポートフォリオは自分がどれだけ学習したかを,生涯に渡り手軽かつ効果的に個人の学習を記録する手法を与えてくれるとのことで,eポートフォリオを活用するための以下の5つのスキルについて紹介があった.

特別講演は,京都大学の梶田先生より,京都大学での情報環境戦略とeポートフォリオの取り組みについて話があった.京都大学リーディング大学院「思修館」においてeポートフォリオの導入を進めており,そのためのルーブリックを整備したという話があった.将来的には博士課程で使えるeポートフォリオになることを目指しているそうだ

また,午後の一般講演では,以下の講演があった.


報告者:及川芳恵