Home > Activity > 研究会等報告 > 情報処理学会第5回CMS研究会


2007.04.26

情報処理学会第5回CMS研究会

情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループの第5回研究会(略称:CMS研究会)が2007年4月25日に大阪大学サイバーメディアセンターにおいて開催された.

8件の研究報告があり,40名程度が参加した.これまでの研究会に比較すると,参加者数が少なかったが,各発表において活発な議論がなされた. 帝京大学からは,佐々木茂講師が「ピアレビューを含んだグループディスカッションによる協調学習のための掲示板システム」について報告した.

招待講演では,大阪大学の岸野文郎先生が, 「アンビエント情報を用いたヒューマンインタフェース」と題する講演をされた. その中で,ユビキタスでは,至る所にコンピュータがあるが,ユーザの方からアクセスする必要がありアンビエントで環境の方からさりげなくユーザにアクセスすると特徴付けていた.

次回の研究会は10月にコンピュータと教育(CE)研究会との共催で高知工科大学で開催される.


報告者:渡辺博芳